本ページはプロモーションが含まれています
【PR】

トマトは離乳食初期にどう与える?トマトペーストの作り方や市販の使い方も

離乳食トマトアイキャッチ 子育て

離乳食でトマトはいつからどのように与えたらいい?

トマトは離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)から、ブレンダーや裏ごしでなめらかなペースト状にして与えられます。

トマトはリコピンやビタミンCが豊富で栄養価が高いので離乳食にも取り入れたい食材のひとつ。

ただ、皮と種を取り除くなど、与える際に注意点があります。

この記事でわかること
  • 離乳食でトマトを与えるポイント
  • トマトペーストの作り方
  • 離乳食のトマトレシピ

市販のトマト缶やトマトペーストなどを使えるのかもまとめたので参考にしてくださいね。

トマトは生で食べさせてもいいか、トマトの選び方など、離乳食のトマトに関する疑問を色々まとめました。

離乳食でトマトを与える時の参考になれば嬉しいです。

離乳食でトマトはどう与える?月齢による進め方

離乳食初期の食事

トマトは離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)から与えられます。

初めて食べさせる際は裏ごしやブレンダーなどでなめらかなペースト状にしましょう。

トマトにはリコピン、ビタミンA・ビタミンC、カリウム、食物繊維など栄養が豊富で、離乳食にも取り入れたい食材ですよね。

トマトを離乳食で使う際の注意点や月齢別の与えた方を紹介します。

離乳食でトマトを与える際のポイント

離乳食でトマトを与える際には、皮と種を取り除くなどの注意点があります。

    離乳食でのトマト調理の注意点
    • 皮と種を除去する
    • 加熱して与える
    • 酸味に注意
    • アレルギーに注意

    離乳食でトマトを与える際は、皮と種を取り除き、赤ちゃんが食べやすいように細かく刻むかピュレ状にして与えましょう。

    生のトマトよりも加熱した方が消化に良いですよ。加熱することでアレルギー反応を起こしにくくなることもあります。

    トマトの酸味が赤ちゃんの口に合わない場合があるので、その場合は他の食材と混ぜるなどして、味を調整してくださいね。

    トマトにもアレルギーがあります。

    トマトはナス科の植物で、その果実に含まれるタンパク質に対する反応としてアレルギー症状が出ることがあるのです。

    初めて与える時は、他の食材と同様に一口から始めて様子を見てください。

    離乳食初期にトマトはどう与える?

    離乳食初期は、皮と種を取り除きブレンダーを使ったり裏ごししたりしてなめらかなペースト状にしましょう。

    初めて与える時は、一口から始めて様子を見てくださいね。

    離乳食初期には味付けをしないのが基本ですが、トマトの酸味が強くて苦手な場合は、他の食材と混ぜるなどしてみましょう。

    ただし、赤ちゃんによっては酸味を好む子もいるので、まずはそのままの味を試してみてください。

    私はお粥に入れてみました。お米には自然の甘さがあるので、食べてくれましたよ。

    離乳食中期(生後7~8ヶ月)、離乳食後期(生後9~11ヶ月)

    トマトの小分け冷凍

    離乳食中期(生後7~8ヶ月)は粗くすりつぶし、離乳食後期(生後9~11ヶ月)は5~7㎜角程度の大きさにしましょう。

    初期と同様に、皮と種を取り除きましょう。

    毎回皮と種を取り除くのは面倒なので、まとめて調理して冷凍しておくと便利ですよ。

      トマトは生で食べさせてもいい?

      衛生状態が良好に保たれた状態であれば、生のトマトを与えることはできますが、初めのうちは加熱することをおすすめします。

      赤ちゃんの消化機能はまだ未熟なため、加熱したほうが消化しやすいです。

      また、加熱すると甘くなり、酸味のあるトマトも食べやすくなりますよ。

      離乳食完了期になると、ミニトマトを生で与えることもできますが、そのままでは窒息の恐れがあるため適度な大きさに切ってあげましょう。

      離乳食で使うトマトの選び方(新鮮な見分け方)

      離乳食で使う食材は、新鮮で安全なものだと安心して赤ちゃんに与えられます。

      離乳食で使うトマトの選び方
      • 新鮮なものを選ぶ⇒肌がつるつるとしていてキズや凹みがないもの
      • 赤くて熟したトマトがおすすめ
      • 無農薬や減農薬のもの、またはオーガニックのものが安心

      トマトは色が鮮やかなものほど、甘みや旨みがあるため、赤くて熟しているものがおすすめです。

      しかし、あまりにも柔らかすぎると傷みやすいので、適度な硬さのものを選びましょう。

      離乳食には無農薬や減農薬のもの、またはオーガニックのものを選ぶと安心です。

      トマトは皮をむいて使いますが、可能な限り農薬に触れるリスクを減らすためです。

      トマトの種類にもよりますが、一般的には中玉トマトやプチトマトが扱いやすく、離乳食に適しています。

      離乳食のトマトペーストの作り方

      トマトペーストの乗ったスプーン

      離乳食初期に与えるトマトペーストの作り方を紹介します。

      簡単にできますが、少量を毎回作るのは面倒なので、まとめて作って冷凍をおすすめします。

      トマトの皮むきは湯むきが簡単です!その方法も紹介しますね。

      基本のトマトペーストの作り方

      トマトペーストの作り方を紹介します。

      トマトペーストの作り方
      1. トマトはよく洗い、皮を湯むきし、種を取り除いてから、小さくカット
      2. カットしたトマトを鍋に入れ、水分が少なくなるまでゆっくり火を通す
      3. 加熱したトマトを裏ごしまたはフードプロセッサーで、なめらかにする

          冷凍保存も可能なので、まとめて作っておくといいですよ。

          製氷トレーに小分けにして冷凍しておくと、1回分ずつ使いやすくて便利です。

          解凍するときは自然解凍ではなく、かならず加熱して解凍してくださいね。

          トマトの皮は湯むきでスルッと剥ける

          トマトの皮は湯むきをすると簡単かつ綺麗にむけますよ。指でもスルッとむけるので気持ち良いです。

          離乳食に使う場合は、この皮をむいたトマトをさらに加熱し、赤ちゃんが食べやすいように調理してあげてくださいね。

          トマトの皮の湯むき
          1. 準備: まず、トマトの底に浅く十字の切れ目を入れます。これにより皮がむきやすくなります。
          2. 湯むき: 沸騰したお湯の鍋にトマトを入れ、約30秒から1分間ほど茹でます。この時、トマトのサイズによって茹でる時間が変わるので、皮が少し浮いてきたらすぐに取り出すようにしましょう。
          3. 冷水浴: 茹でたトマトをすぐに氷水に入れるか、冷水で急速に冷やします。これは「ショック」を与えて皮が縮み、肉から離れやすくするためです。
          4. 皮をむく: 冷水で冷やしたトマトの十字の切れ目から指先や小さなナイフを使って皮をむきます。

          湯むきの工程がうまくいっていれば、皮が簡単に剥けるはずですよ。

          離乳食で市販のトマト缶やトマトジュースは使える?

          トマト缶

          市販のトマト缶やトマトペーストが使えたら便利ですよね。

          市販のトマト缶やトマトペースト・トマトジュースも、離乳食に使えます。

          食塩や添加物が入っていないもの(極力少ないもの)を選びましょう。

          赤ちゃんの体はまだ発達途中で添加物や塩分には敏感なので、成分表をよく確認してください。

          製品によっては皮や種も含まれている場合があるので、取り除いて使ってくださいね。

          トマトジュースを使ってもいいですが、その場合も塩分不使用のものを使いましょう。

          ジュースとして飲ませたい場合は、濃い味に慣れさせないようにするため、11ヶ月ぐらいまでは湯冷ましなどで2~3倍に薄めてくださいね。

          子どもの様子を見て、濃さ・量を調節してください。

          離乳食に市販のトマトペーストが便利

          市販のトマトペーストを離乳食で使うと、皮をむいたり種を取り除く手間がなくて便利です。

          カゴメのトマトペーストは公式HPでも離乳食レシピが紹介されています。

          市販のトマトペーストは凝縮されているので、離乳食用には分量の10~12倍の水で伸ばしてくださいね。

          カゴメトマトペースト(ミニパック18g)1本の場合は、水180mlで伸ばすと良いですよ。

          市販のトマトペーストの使い方
          • 小鍋にトマトペーストと水を入れ、煮立たせる。
          • 余った分は、フリーザーバッグや製氷トレーなどに入れて保存しておきましょう。

          水の代わりに出汁やミルクを加えるのもおすすめです。

          解凍する際は必ず加熱して、冷蔵は2日以内、冷凍は1週間以内に使い切ってください。

          離乳食のトマトレシピ紹介

          トマトを使った離乳食のレシピを2つ紹介します。

          トマトとお豆腐のスープ(離乳食中期)

          酸味の苦手な赤ちゃんも、スープにすると食べてくれることも。

          スープは、入れる具材や味付けが自由自在。

          あなたの赤ちゃんの好きな具材の組み合わせや味付けを探してみてはいかがでしょうか。

          トマトスープの材料(2回分)
          • トマト:1個
          • 絹ごし豆腐:50g
          • だし汁(昆布や鰹節など):200ml

          だし汁の代わりに、水とベビーフードのスープの素を使ってもいいですよ。

          うちの子は、ベビーフードのコーンスープが好きだったのでそれをアレンジしてトマトが食べられました。

          トマトスープの作り方
          1. トマトは皮をむいて種を取り除き、さいの目に切る
          2. だし汁が、沸騰したらトマトを加えて5分ほど煮る
          3. トマトが柔らかくなったら、豆腐を加えてさらに5分ほど煮る

            豆腐は、小さめのさいの目に切るか、もしくは潰しましょう。

            中期の初めごろは、ハンドブレンダー等で適度につぶしてから与えると食べやすいですよ。

            もぐもぐが始まり、豆腐が舌で押しつぶせるようになったら、さいの目切りのままで大丈夫です。

              トマトリゾット(離乳食中期〜後期向け)

              離乳食で人気のある「トマトリゾット」を紹介します。

              トマトの甘酸っぱさとお米のやさしい味わいが赤ちゃんにも食べやすく、栄養バランスも良いですよ。

              トマトリゾットの材料
              • トマト(皮と種を除去):1/2個
              • 白米(事前に30分以上水に浸しておいたもの):大さじ2
              • オリーブオイル:少々
              • 水:100ml(お米の量によって調整)
              • 野菜ブイヨン(無添加のもの):少々(任意)

              ベビーフードのコンソメスープの素を使っても美味しくできました。

              トマトリゾットの作り方
              1. トマトは湯むきして種を取り除き、細かくカットします。
              2. 鍋にオリーブオイルを熱し、水に浸した白米を軽く炒めます。
              3. トマトと水を加えて中火にかけ、米が柔らかくなるまで煮込みます。途中で水分が足りなくなったら適宜追加してください。
              4. お米が完全に柔らかくなったら火から下ろし、必要に応じてブイヨンで味を整えます。

                月齢によって赤ちゃんが食べやすいように、ミキサーにかけて滑らかにしたり、軽く擦りつぶしたりします。

                  トマトリゾットは、トマトの栄養をそのまま摂取できるだけでなく、お米を使うことでエネルギー源にもなりますよ。

                  離乳食でトマトはどう与える?まとめ

                  トマト2個
                  • トマトは離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)から与えられる
                  • 離乳食でトマトを与える際には、皮と種を取り除くアレルギーに気を付けるなどの注意点がある
                  • 離乳食初期は、皮と種を取り除き、ブレンダーをや裏ごしでなめらかなペースト状にする
                  • 離乳食中期(生後7~8ヶ月)は粗くすりつぶし、離乳食後期(生後9~11ヶ月)は5~7㎜角程度の大きさにする
                  • 衛生状態が良好に保たれた状態であれば、生のトマトを与えることはできるが、初めのうちは加熱することがおすすめ
                  • トマトペーストは、皮と種を取り除いてから小さくカットし、水分が少なくなるまでゆっくり火を通した後、裏ごしやフードプロセッサーで、なめらかにする
                  • 市販のトマト缶やトマトペースト・トマトジュースも、離乳食に使えるが、塩分や添加物に注意する

                  栄養価が高いトマトは、子どもに食べさせたい食材の一つです。

                  皮や種を取り除いて、赤ちゃんが食べやすいようにしてあげましょう。

                  中には酸味が苦手な子もいるので、色々と試して赤ちゃんの気に入る味を見つけて、トマトの離乳食を喜んでもらえるといいですね。

                  トマトを取り入れたいけど面倒…というあなたに、長崎県産の米粉を使用したペースト状の離乳食。

                  手間のかかるトマトの湯むきと種を取り、ペーストにしてあるので、安心して食べさせることができますよ。

                  化学調味料を使わない安心安全の離乳食です。

                  コメント

                  advanced-floating-content-close-btn